忍者ブログ
人気の車情報など
エンジン内部には多くの金属部分があり、その金属部分でも摩擦が起こる部分に、エンジンオイルを使用する事になります。
エンジン内の色んな所で摩擦は起き、「オイルポンプ」や、「ピストン」の上下運動時、その他にも色んな所で摩擦が発生します。

摩擦が起こると、余分なエネルギーを起こしてしまい、燃費悪化に繋がります。
エンジンオイルを使うと、滑らかに動き摩擦が起こりにくくなります。
摩擦を少しでも軽減させる事で、エンジンが起こしたエネルギーを、効率よく使う事が出来るのです。

放っておくとエンジンが動かなくなってしまう可能性も出てきます。
そうなると修理代は高くつき、最悪の場合、買い換えになるかもしれません。
こうした故障を防ぐ為にも、エンジンオイルを使う事が必要となるのです。
PR
[37]  [36]  [34]  [23]  [32]  [29]  [24]  [14]  [13]  [1
忍者ブログ [PR]